ねこじ雑記帳

ただの雑記です

「円周率1,000,000桁表」というとんでもない本がある

円周率1,000,000桁表

円周率って何桁まで言えますか?俺はせいぜい10桁で、3.1415926535までしか言えないし、特にそれ以上覚えようとも思っていない。

現在、ギネスブックに載っている円周率暗唱の記録は、2015年にインドの人が70,030桁を暗唱したそうだが、2006年には日本人が10万桁を暗唱したそうで、ギネスブックに申請しているものの、未だ認定されていないそうだ(ウィキペディアより)。

 

そもそもそんな多くの桁をどうやって知るんだろう?本になってるわけではないし、、、って、本になってる!

 

円周率1,000,000桁表

あるのですよ、円周率が100万桁まで載ってる本が!その名もズバリ「円周率1,000,000桁表」。著者の方も「なんとなく面白いかなと思って」とかつてネット上にあったインタビューで言ってましたが、これは本当に、ただただ数字が書かれただけの本ですよ。

 

円周率1,000,000桁表

この本を出しているのは「暗黒通信団」という出版社で、なんとも怪しいネーミングがいい。

 

円周率1,000,000桁表

中を開くとこんな感じ、本当に数字しかない。しかも細かい、どのぐらい細かいというと・・・

 

円周率1,000,000桁表

比較用として1円玉を置いてみると分かるが、文字が小さっ!

本はA5サイズで、1ページ1万桁、それが100ページという構成で100万桁ってわけですよ。俺はもう文字が細かすぎて読めない・・・。

 

円周率1,000,000桁表

そしてその値段は衝撃の「314円」!値段も円周率で、何よりも安い。

 

円周率1,000,000桁表

版数も第3刷以降は円周率となってるし。

 

この本に意味はあるのか

この本を「読む」目的で買う人はまずいないだろう。俺もこの本が持つある種のバカバカしさに惹かれて、ネタとして買ったようなものだし。だけどこれがあれば、ちょっとした会話の時に「ところで、円周率の23万6981桁目ってなんだっけ?」となっても調べられるしね(ならないけど)。

この本に何の意味があるのかと考えるような人はむしろスルーすべきで、こういうのは意味を考えてはダメ。円周率の暗唱でギネスを狙いたい人は是非!